施術内容・料金

肌

しわ・たるみ

◆しわ・たるみができる原因

肌を支えるコラーゲンやエラスチンなどは年齢によって失われていきます。
この2つが無くなることによりハリを保てなくなり、しわ・たるみができてしまうのです。

◆しわの種類

表情じわ

表情じわは、顔面の筋肉の収縮(眉間にしわがよったり、目を細めたり)によって起こるしわで、筋収縮が戻れば消えるシワです。
特に目元は、皮膚が薄いのでシワになりやすくなっています。

乾燥じわ

加齢によりコラーゲンなどの保水成分が減少し、炎症を起こした肌(花粉症、アトピー性皮膚炎など)では、細かいしわができやすくなります。目元や口の周りなど特に皮膚が薄いところで乾燥ジワが目立ちます。

たるみじわ

たるみは、コラーゲンやエラスチンが劣化することで、肌が下がってくる状態です。
たるみにより生じたシワをたるみじわと呼び、目の下やほうれい線、口元などの部位に表れます。

◆しわ・たるみを増やさないためには

紫外線や乾燥は肌細胞にダメージを与え、コラーゲンの破壊を進める大きな原因です。日頃から紫外線対策や保湿対策を心がけましょう。肌の老化が進む30代から対策することで、老化スピードに抑制をかけることができます。適切な場所への施術と、その後の定期的なメンテナンスで、若々しい肌を維持し続けましょう。

◆施術方法

◆料金表(※価格は全て税抜きです。)

プラセンタ注射 定価(1回)
2アンプル ¥1,500
4アンプル ¥2,800
プラセンタツボ打ち 手技費用として
+¥1,000
プラセンタサプリメント 価格
U粉末(1箱30包) ¥8,000
プラセンタカプセルSPF330
(1袋60カプセル)
¥7,000
プラセンタカプセルSPF330
(2袋120カプセル)
¥13,000(税込)お得
プラセンタゴールドリキッド ¥15,000

しみ・くすみ

◆しみができる原因

紫外線によるダメージなどによって表皮に分泌されたメラニン色素が、うまく排出されずにそのまま残ってしまうと、しみになってしまいます。そのほかにもストレス、加齢、肌質に合わない化粧品による肌への負担など、さまざまな原因によるダメージがしみの発生に関わります。

◆しみの種類

老人性色素斑(老人性しみ)

老人性色素斑は、日光黒子ともよばれるシミです。皮膚の老化現象による症状なのですが、紫外線による影響が大きく、30代くらいから症状が現れることもあります。最初は色が薄く目立ちませんが、少しずつ濃くはっきりしてきます。通常は平らですが、時間が経つと隆起してくることもあります。

そばかす(雀卵斑)

雀卵斑(じゃくらんはん)とは、いわゆる「そばかす」のことです。小さな茶色い斑点が、頬や鼻の周りに多く見られます。そばかすは、遺伝によってできるともいわれています。また、ホルモンの影響で、妊娠中に発生することもあります。そばかす体質の方が無防備に紫外線にあたってしまうと、せっかくきれいになったそばかすが再発してしまいます。

肝斑(かんぱん)

目の周辺を除いた頬・おでこ・鼻の下などに左右対称に出来る薄茶色のシミで、30~50歳代の女性に多くみられる症状です。
色は薄く、やや大きめで境目がぼんやりしています。原因は諸説ありますが、女性ホルモンのバランスが大きく影響していると言われており、その他にも妊娠やピルの使用・心理的原因・肝機能障害・皮膚への刺激・紫外線などさまざまな原因が考えられています。しかし60歳以降になると 症状が軽くなるといわれています。

「しみだと思ってお手入れをしていたら、実は肝斑だったため酷くなってしまった」など、自分で判断してしまい悪化してしまったというご相談も伺います。まずはご相談いただき、ご自分のしみがどういう種類なのかを知りましょう。
当院では施術に加えてケア方法もお伝えしておりますので、間違ったお手入れで後悔する前にご相談ください。

◆しわ・たるみを増やさないためには

紫外線や乾燥は肌細胞にダメージを与え、コラーゲンの破壊を進める大きな原因です。日頃から紫外線対策や保湿対策を心がけましょう。肌の老化が進む30代から対策することで、老化スピードに抑制をかけることができます。適切な場所への施術と、その後の定期的なメンテナンスで、若々しい肌を維持し続けましょう。

◆施術方法

◆くすみができる原因

主に、疲れた時や加齢による肌血中のヘモグロビンが減少、紫外線を浴び続けたことによるメラニンの増加などがあります。その他、加齢や乾燥などによる肌のターンオーバーの乱れも原因となります。ターンオーバーがスムーズに行われなくなると、古い角質層が残ったまま角質層が厚くなるため艶がなくなったりキメ細かさが無くなることがあります。さらに、シワやたるみが現れた場合は、その凹凸によって影が発生し、黒ずんだように見えるのも、くすみを感じる要因になります。

◆施術方法

◆料金表(※価格は全て税抜きです。)

・イオン導入 ・IPL療法

イオン導入 お試し価格 定価(1回) 10回コース
ビタミンC導入 ¥2,000 ¥3,000
トラネキサム酸導入 ¥3,000 ¥5,000 +1回分を無料で
お付けします。
IPL療法とのセット価格 定価(1回)
ビタミンC導入 ¥1,000
トラネキサム酸導入 ¥2,000

プラセンタ注射 定価(1回)
2アンプル ¥1,500
4アンプル ¥2,800
プラセンタツボ打ち 手技費用として
+¥1,000
プラセンタサプリメント 価格
U粉末(1箱30包) ¥8,000
プラセンタカプセルSPF330
(1袋60カプセル)
¥7,000
プラセンタカプセルSPF330
(2袋120カプセル)
¥13,000(税込)お得
プラセンタゴールドリキッド ¥15,000

・QスイッチYAGレーザー

定価(1回)
トーニング
(顔全体・4000shot)
¥8,000
トーニング(1shot) ¥2

血管病変

◆血管病変ができる原因

網目状やクモ状に浮きあがる青や赤の血管だけでなく、顔や腕の赤いアザの多くは血管が原因の肌トラブルです。
一言に血管と言ってもごく浅い毛細血管から深い位置にある下肢静脈まで、様々な場所のトラブルを切らずに施術できるようレーザー治療を採用しています。

◆血管病変ができる原因

◆血管病変の種類

赤あざ

皮膚から血液が透けて見えてしまっている状態です。赤あざは、生まれつきある平らな「単純性血管腫」と、生後まもなくでき、1歳頃までに急激に大きくなり、その後徐々に小さくなる「イチゴ状血管腫」などがあります。

赤ら顔

血管は気温に合わせて伸縮を繰り返して体温調整を行います。寒暖差が激しい場所だと何度も伸縮を繰り返すため収縮する力が弱まり、拡張したままになってしまうことがあります。その結果、常に血管が拡張して赤みを帯びた状態になってしまいます。

下肢静脈瘤

静脈内にある弁が壊れたり、機能不全を起こした際に起こります。静脈内には血液の逆流を防ぐ弁があり、その弁が壊れると血液が逆流し血管が広がってしまいます。これが皮膚にミミズのような凸凹となって現れます。

◆施術方法

◆料金表(※価格は全て税抜きです。)

ジェネシス 定価(1回)
8,000ショット ¥16,000
クールグライド 1ショット
バスキュラーレーザー
として使用
¥500

リフトアップ

◆リフトアップとは

老化とともに頬が下がってきます。
頬が下がっていると疲れて見えたり老けているように感じます。
当センターではフェイスリフトなど切る施術ではなく、電気刺激と超音波による高速ミクロマッサージによるリフトアップを提供しています。電気刺激に合わせて毎秒300万回の超音波による高速ミクロマッサージで患部にビタミンCを含んだジェルを塗り込みながら立体的にマッサージします。
そのため、傷ついた組織の修復が早くなり損傷部の治癒・新陳代謝の促進(組織修復)、リフトアップ効果が期待できます。

◆料金表(※価格は全て税抜きです。)

お試し 1回 5回 10回
¥3,000 ¥5,000 ¥22,000 ¥40,000

◆併用するとより効果的な施術

pagetop

Copyright © 木本整形外科. All Rights Reserved.